ホーム > こころ > 失ったもののために

失ったもののために

  • 投稿者: nomad
  • 2005年7月26日 11:22 PM
  • こころ

僕は、これからもblogは続けて行こうと思う。
blogのおかげで彼に出会えたし、友達になることができた。
きっとまた僕は誰かと出会うことができるだろう。
そして、僕はその誰かに何かを与えることができるかもしれない。
彼に対してはできなかったけれど、今度はきっとできるはずだ。
P.K.ディックの「ヴァリス」の主人公、ホースラヴァー・ファットは「女友達を救おうと間違った考えを持っていた」と冒頭で執拗に描写される。
多分、本当に間違った考えなんだろうと思う。人は誰も救えない。
僕ができることは、そこに彼のためにいることだと思う。
だから、このblogは今まで通り、今までと同じ姿勢で続けていこう。ネタとシャレで続けて行こうと思う。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.nomaddaemon.jp/2005/07/26/%e5%a4%b1%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%82%e3%81%ae%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab/trackback/
トラックバックの送信元リスト
失ったもののために - nomaddaemon より

ホーム > こころ > 失ったもののために

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。