ホーム > のまd語録 > 国はどこにあるか

国はどこにあるか

国は人か? アイヌ人もいる。帰化人もいる。沖縄人もいる。在日韓国・朝鮮人もいる。DNAで日本人を示すものはない。
 国は人ではない。
国は土地か? 北方領土は占領されている。竹島は韓国の地図に載っている。尖閣諸島は中国の地図に載っている。
 国は土地ではない。
国は文化か? 宗教か?
 言うまでも無く、国は文化でもなく宗教でもない。
国は国民と思う人のこころにある。国を支えるのは共同幻想である。
 国を支えるのは誇りである。
 国が国として成り立つには、我々国民が「日本人であることの誇り」を証明できることが必要だ。
 日本という国は、私たちに誇りを与えてくれるのか?
 今、それを問われているのだ。

コメント:19

nomad 2004年4月9日

ホントにもうちゃんと書いとくよ。
僕はアメリカのズルくて卑怯で汚いやり方を絶対承服できない。
そしてそんなヤツのケツの穴を<<進んで>>舐めるようなズルくて卑怯で汚くて小心なやり方をするやつを絶対承服できない。
「身を捨つるほどの祖国やありや」ってことだよ。

nomad 2004年4月9日

もぉなんつーかねえ。
僕は天下国家の一大事だと思ってるのに、世の中はそうは思っていないみたい。
だからコイズミとかいうブッシュの性奴隷がのほほんと「オマエ氏ね」って言えるんだよね。鬱

ika 2004年4月9日

祖国ねー
作っちゃう。増楽国とか...
で、死んでも守る。で、畑から骨が出てくる。
じゃ、だめ?

群馬の齊藤。 2004年4月9日

もし引き上げたら、又は、引き上げるって報道した時点で、
目的を達成したわけで・・・終わるかも。
場所や顔を見た人を解放するって思う?
犯人は、そんなに良い人達?
へたをすると報道したのみで、
犯人はもう目的を達成しているのかも。
個人的に思うのは、選ぶ道は、ひとつしかなくって、
時間内に救出するしかないと思います。

nomad 2004年4月10日

つまりね、僕は誰かが死ぬということよりも、それに対する「日本という国として」の対応を言っているの。
僕らは必ず死んでいく。でも、せめて名誉が欲しいと言っているの。
コイズミは僕らに名誉をくれるのかな?
外交官が国の政策で死んでも、空港に迎えにさえ行かなかったんだぜ?
僕らが日本のため、国のため、イラクのため、義のために殉じることは犬死になってしまうじゃない。
「オマエラ、ブッシュのケツを舐めてる俺のために氏ね」ってコイズミに言われてるってことなんだよ。
ある意味、捉えられた3人がイラクで地雷を踏んで死んだって、それはそれでひとつの死でしかない。
だけどそれが「ケツを舐めるために死ぬ」ってことを意味づけられたら、オラァ日本の国民であることがやりきれないよ。

群馬の齊藤。 2004年4月10日

表に出ることもなく賞賛を受ける事もなく、
おのれの信念で動いている人たちもいるわけです。
最後に、自分の生き方に満足できるかどうかではないでしょうか。
最後がいつ来るか解らないので、
毎日真剣勝負で生きて行ける様になりたいとは思ってますが、
ぜんぜん、できませんね。(^^;
外交官が国の政策で動いていても、
その中に自分の信念を持っていたんじゃないかと思います。
やらされてるって思ったり、よく見てもらいたいって、
思ってたら、命掛けてできないよね。
他人に賞賛されてもそれは、名誉ではないと、個人的には思います。
今回の3人も、自分を犠牲にしても。
人の為に尽くしたい、自分の可能性を見たいって、
志で臨んでいるわけです。
本人の気持は想像する事しか出来ませんけど。
根拠ないですが、助かる気がします。
見えてるところが全てではないと信じるし、
日本としては、現状を打開して、
テロに屈しない日本を演じる必要があるから、
今回負ければ、何度でもおなじ弱みに付け込んできますよね。
ってのが、個人的な今の考えです。(^.^;

nomad 2004年4月10日

つまり。
それを見ている人がいるということなんですよ。
私たちは何かに突き動かされて仕事をしている。
あの3人は何らかの仕事を全うするかもしれません。
しかし、次に彼らの後に続く人はいるのか。
ひいては、今の私たちの日本という国、日本というシステムそのものに価値が見出せるのか。
僕には今の日本という国、日本というシステムを信用することができなくなってしまいます。
僕は誇りを持って「日本人」と言うことができるでしょうか。
多分、こんなことを言うのはほんの一握りの人でしかないと思う。
しかし、この流れは僕たちの日本という国のあり方を蝕むでしょう。
僕たちの国に誇りは無い。
僕たちの国に義は無い。
僕たちの国に夢も希望も無い。
僕たちは国というシステムには何の希望も幻想も持たずに自分の身の回りで得になることだけに物事を進めることになるでしょう。
つまりは道徳や規範や秩序などなくなり、犯罪にあふれた国になるでしょう。
国なんてものは一握りの官僚がわずかに残るだけで、誰も国なんてものに頼らず、マフィアに頼ることになるでしょう。

群馬の齊藤。 2004年4月10日

nomadさん、書き方が難しいんで感じた範囲で書きますね。(^^;
誇りなんですが、日本全体の傾向が、
己自信の内面の原因を黙殺し律せず、
全て他に原因があるとし、それを攻める事しかしない。
多くの人が、自己の我を通し、周りを変える事しか考えてない。
だから、何も変わらない。(^^;
結果的に、誇りをもてない日本になっちゃうのかも知れませんね。
個人的な意見ですが、小泉さん、
今回よくふんばってると思いますよ。
自衛隊撤退させたら、テロリストのシナリオ道理。
日本にとって最悪のシナリオになると思います。

nomad 2004年4月11日

そのテロリストって一体誰? ってことが問題。
僕にはテロリストなんか見えない。イラク人が見えているだけ。
イラクに住むある集団が「僕たちの国に来るな。日本人は友達だと思ってたけど、どうも日本人はイラクの友達なんかじゃなくってアメリカの方が大事みたいだ。君達はイラクのために来ているのか、アメリカのために来ているのかはっきりさせて欲しいんだ」と言ってる。確かに言ってる。ニュースではそう言っていた。
それはテロリスト?
アメリカがイギリスから独立しようとした時、「イギリスからの移民」の連中はみなテロリストだったのかな? アメリカに住んでいる人にもイギリスからの独立の反対した人はいなかったのかな? (これは言い古されてる比喩だね)
イラクに住む人たちは一枚岩のイラク民族で、なぜかサダムフセインという独裁者の圧制に苦しんでいた善良な民主主義と自由を愛する民衆だった。
それを解放したので全てのイラク人は諸手を上げて皆歓喜した。
しかし、あるカルトの人たちが、なぜかそれを快く思わずゲリラ活動を始めた。
…というなら、確かにテロリストかもしれない。
(わざわざ出向いて事件に巻き込まれることをテロと呼んでいいかどうかは別にして)
僕は、誘拐された彼らこそ、善良な、正義と信念に溢れた人たちだと思う。(ヤリスギな面はあったにせよ)
その人たちを救うために、できること、可能性のあることを行うことが必要なんじゃないか。
それをやった後で、目的通りうまくいったかいかなかったかを議論すれば良い話なんじゃないかな。
できもしないことを、さもできるかのように装うのは卑怯未練な小心者の誤魔化しで、そんなみみっちい口先三寸で騙そうとすることに僕は憤りを感じるよ。

群馬の齊藤。 2004年4月11日

日本の今の政策は、どこのため?って考えると、
イラクやアメリカの為でもなく、
日本のためじゃないかと思います。
居て欲しい、来るな、って言ってる人がどの程度なのか、
報道で操作された情報しか見えないので、
実情は私にはわかりません。
今回のテロリストの定義は、
武装勢力をさしていると思いますが、
あやふやだとも思います。
個人的には、アメリカ自体も正義を掲げたテロ行為だと思います。
自衛隊を引き上げた事によって、人質としての価値が無くなり、
3人が殺される可能性が有るとすれば、
自衛隊を引き上げる事ができますか?
その場合、仕方が無いって理由は通らないと思います。
また、誰かに責任を押し付けてしまうのでは。
引き上げるって報道は、時間ぎりぎりまで待つこともできるわけで、
今できる最善の方法を模索し、行動に移すことが先だと思います。
日本には、人命優先で対応してもらいたいと思います。
あくまで、齊藤の個人的な意見です。
生意気言ってすみません。m(_ _ )m
nomadさんは、どうすれば良いとお考えですか?

nomad 2004年4月11日

人質が解放されるそうです…
なにより良かった。
僕は自衛隊がイラクに行くということは「国益となるか」どうかで判断すべきであって誰が何人死ぬかで決めることではないと思っています。もちろん、人命の損失は重要なファクターですが、何人か死んでも「国として得をした」ことであればやらなくちゃならないでしょう。
けれど、このイラクへの派兵が国として得になるのか?
というと僕は得になっているとは思わない。
僕は「日本という国家」が無くなってしまったように思っています。
書いたように、国家が国家たらしめているのは国民の共同幻想だからです。僕は日本の国のやり方がアメリカの飼い犬にしか見えない。コイズミはブッシュの性奴隷にしか見えない。
僕らはブッシュの言いなりになって命を叩き売りしなくちゃいけないのかと思うと、国旗だの国歌だのクソクラエ、アメリカの歌でも歌やあいいじゃねえか、と思うんだ。
僕らは国としての姿を失ってしまう今が国家存亡の時だと思う。

群馬の齊藤。 2004年4月11日

nomadさん、レスありがとうございます。
現状は、特に国益になってないと思いますが、
リスクと国益を天秤に掛けて一発勝負かけた感じですけど、
今回の復興支援が成功すれば、将来的には国益につながると私的には思います。
アメリカに飼いならされるほど、
日本人って、やわじゃないと思います。(^^;
アメリカにとっても日本は脅威なのかも。
ころんでも唯でおきそうにないもん。(笑)
でも、人質事件が新たな展開を迎えているようで不安です。
犯人たちは攻撃方法を変更した様な気がします。
身代金要求してるか?誰かの開放を要求してるか?
アメリカに対する要求を日本にネゴさせようとしているか?
要求をのむと、先行き日本はかなりやばくなるし、
今回の人質の開放すると言う報道で、
イラクの人たちの犯人に対する、見方が変わったんで、
奪還するのに武力行使したら、犯人の思うつぼだと思います。
どうする日本。

群馬の齊藤。 2004年4月12日

なんか、変じゃないですか?
昨日の夜から報道の仕方が変わってきたように思います。
ニュースで取り上げる内容や情報を意図的に、
各局が減らしているような。報道時間が減ってる。
ニュースの最新情報も争うように報道してたのに、
他局の放送後に様子を見るように報道してる。
今朝の3時にあわせて各局特番を組みそうなものなのに。
ダメリカがとんでもない事したのか?
ファルージャ一で何かあった?(謎)

nomad 2004年4月12日

こういうときこそジャーナリズムの力が試されるものだけど。
新聞もテレビも、影響力のあるメディアほど経済的な損失を受けるものなので、真実を伝えて会社に損失を与えるのはマズイ、とかあるんじゃねえか、と疑ってしまいます。
今ジャーナリズムとして信用できるのはアングラ系のブブカとか2chとか、そっちの方が失うものが無い分、思い切った報道ができるかもね。ただ、取材が必要だから、取材にお金や稼動、信念をかけられないメディアはマトモな報道はできないだろうなあ。

シゲ 2004年4月13日

むふふ。

群馬の齊藤。 2004年4月13日

”むふふ”——(^◇^;——キタ?!
その可能性ありでつか。(–;
でも、万が一自作自演だったら、
捨て身の最終手段に出た場合、
やはりとんでもない事になるかも。
信実は?
マスコミは、様子見してるわけですね。

nomad 2004年4月13日

あう。その可能性は思ってはいたけれど。
情報が確認されるまではノーコメント。

群馬の齊藤。 2004年4月15日

だんだん複雑になってきましたね。
3人の件で日本が騒ぎすぎたんで、
日本人の人質に価値があるって、
思ったのかも知れませんね。
次は、ダメリカに対する要求を日本に突きつけてくる予感。
犯人にとっては、自衛隊なんか武力行使できないのわかってるから、
居ると気分悪いかもしれないけど、
いてもいなくても関係ないもんね。

群馬の齊藤。 2004年4月15日

3人が開放されたらしい。(^^)
良かったですね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.nomaddaemon.jp/2004/04/09/%e5%9b%bd%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e3%81%8b/trackback/
トラックバックの送信元リスト
国はどこにあるか - nomaddaemon より

ホーム > のまd語録 > 国はどこにあるか

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。