ホーム > NW > 知性を超えて

知性を超えて

  • 投稿者: nomad
  • 2004年7月7日 11:23 PM
  • NW

「わかりやすい」作品は、しばしばくだらなくなってしまう。
作り手の作戦が透けて見える作品なんてバカみたいだ。

さおのあたま:オヤジアート断罪
知性丸出しの作品を、称揚するのはオヤジのアートだ。

そう!その通り。
僕は物語に起承転結なんていらないと思うし、謎解きなんて唾棄すべきだと思う。
ところで、僕は出汁さえいらないと思うな。料理でさえなくていいと思う。ひどくまずくたって構わない。
ソレはそういうものをそのまま味わうべきなのだ。そういうモンだ、と言いながら食べればいいんだ。
多数の同意は得られないだろうけれど、アートは同意を目的にしているのかな?僕は違うと思うんだな。

コメント:1

さお 2004年7月8日

TBありがとうございます♪
出汁問題は難しいですね。
生のものをそのまま出しているつもりでも、
形にする段階で、やはりどこかに操作は
入ってしまう気がします。
小林秀雄が「自己主張なんて要らないんだ」
と言ったのはその通りだと思うのだけど、
文学なんかの場合は、何度も何度も書き直さないと
「自分臭」が消えてくれない。
不思議なもんです。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.nomaddaemon.jp/2004/07/07/%e7%9f%a5%e6%80%a7%e3%82%92%e8%b6%85%e3%81%88%e3%81%a6/trackback/
トラックバックの送信元リスト
知性を超えて - nomaddaemon より

ホーム > NW > 知性を超えて

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。