ホーム > NW > マスメディアの終焉

マスメディアの終焉

  • 投稿者: nomad
  • 2004年8月19日 11:55 PM
  • NW

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌といった所謂マスメディアな方々の意識のズレ…もっと言えばレベルの低さ、時代からの取り残され方には時々びっくりしてしまう。
僕は所謂マスメディアというものは崩れていくだろうと1986年、パソコン通信を始めた時に予感した。(もう20年近く前の話なんだ!今振り返って自分でもびっくり)
マスメディアに関連する人たちは自分たちの世界に余りに無頓着で、その本質を知らない。だから、実にくだらない所でミスをしたり、手痛いしっぺ返しに驚いて沈黙してしまったり、シロウト以上にナイーブな反応をしてしまう。
カトラーさんのblogは見るべきところが多いのだけれど、それでもまだ、僕には物足りない。

カトラー:katolerのマーケティング言論:プロ、アマチュアの垣根の消失がもたらす「喪失」
メディア・マスコミ世界は最期に残された聖域
…<略>…
前置きにだいぶ力が入ってしまったが、ここから、かなり強引なことは承知で、いきなりメディアビジネスの問題に議論を展開したい。
メディア・マスコミの世界は、資本主義の神学とでも呼ぶべき領域で、さまざまなものが「市場化」されていった中で、最期まで手つかずに残された「サンクチュアリ(聖域)」のようなものだった。「だった」と述べたのは、ブログも含めて、さまざまなメディアツールが生み出され、このサンクチュアリを取り囲んでいる壁が急速に崩れつつあるからだ。
…<略>…
「ネットは新聞を殺すのかblog」の湯川氏が指摘する参加型ジャーナリズムの萌芽は至るところで見られるといっても良いだろう。昨日、アップされた湯川氏の記事「参加型ジャーナリズムをめぐるちょっとした論争」が、この問題を考える上で貴重な示唆を与えてくれる。その記事の中で、朝日新聞の本郷さんというOBが、ジャーナリズムの役割について以下のような比喩を紹介したという。

比喩で示そう。ショウケースに置かれたカレーの値札が倒れている。三人の客が当てずっぽうに値段を言い合ううちに、六百円か、との合意に至る。そこへ現れた男が、ケースの裏へ回って値札をつかみ出し、「七百円、この通り」と差し示す。  価値ある情報とは、これである。ジャーナリスト、ジャーナリズムの役割が、ここにある。 (中略)  新聞でいう価値ある情報には、見識が濾過した信頼がある。

見識が濾過された信頼ある情報を提供することがジャーナリストの役割という、ここで示された見解に異を唱えるつもりは無いが、本郷氏には「カカク・コム」を利用してみることをオススメする。

まさしくその通り。そして、その通りだからこそ、マスメディアの本質・限界がそこに現れている。
ショウケースの裏に回って「このカレーは700円だ」という男にジャーナリズムの役割があると言う。
僕ならこんな風に話を続ける……。


3人の客と700円の男が揃って店に入る。
すると店主、「カレーはもう終わったから値札を倒しておいたんだ」と言う。
つまり、カレーには値段がついていなかったのだ。
ではこの場合、ジャーナリズムとは何なのか。
真実を知っていた店主がジャーナリズムなのか。
…違う。間違えた情報を与えた700円の男がやはりジャーナリズムなのだ。700円の男は「誤報」という形で報道をしたからだ。
つまり、ジャーナリズムは、真実性というのは主ではない。「情報を公開するメディア」が主であり「一定の真実性が期待されるもの」が従なのである。
「情報を収集する能力」も「情報を評価する能力」も真実性を期待させるための要素である。
それがプロ…マスメディア職業人は持っていて欲しい、ということであって「持っている」という前提では全く無い。
つまるところ、「情報を公開するメディア」を持っているかどうかがジャーナリズムの本質である。
僕らはすでにメディアを手にした。
マスメディア職業人と僕らを分けるのは規模の大小である。
だからこそ、マスメディア職業人はネットワーク上の報道を警戒し、批判するのだ。
情報を収集する技術も評価する技術も足元が危うくなってしまっていることを自覚するからだ。
記者クラブで与えられた情報を無感覚にタレ流すプロ、放送禁止用語表に載った言葉を無感覚に言い換えるプロ、署名記事と匿名記事を比較し署名記事の方が信頼性が高いと無感覚に評価するプロ。
そして、メディアからのしっぺ返しにうろうろとなす術もないプロ。なんていう自覚の無さ、なんていう耐性のなさ!2ちゃんねるで修行して来い!
僕は2ちゃんねる文化を高く評価している。
あの情報の混沌、嘘と真実の坩堝は、僕たちが情報をどう評価すべきかを否応無く経験させ、教育してくれる。
僕たちは「情報を評価する技術」さえ身につけようとしている。
僕らは細木数子の占いがインチキなのは十分に承知している。テレビが彼女の占いが正しいか間違っているかなんて気にしていないことを承知している。テレビが求めているのは真実性ではなく「話題性」であることを承知している。
大槻教授がインチキを糾弾しているのではなく、糾弾するパフォーマンスをするタレントとして重宝されているのを承知している。彼の糾弾にはツッコミどころ満載だからこそ、その胡散臭さで視聴者を楽しませていることを承知している。
おさるが芸名を変えることが、細木数子の占いを信じているからではなく、芸人の話題性だということを承知している。芸名を変えることがタレント生命の大きな障碍にはならないことは海砂利水魚の例で十分承知している。タレントがバラエティーやクイズ番組でわざと間違えて罰ゲームを受けるのを承知している。
ニュースの編集委員は話題性で素材を選び、話題性は視聴率だとか雑誌の売れ行きという市場経済の要素であることを承知している。
すでに海千山千になっちまったスレッカラシの僕らが職業ジャーナリズムに期待するのは無謬ではない。
シロウトの僕らにはできない、徹底した取材。批判からの耐性と誤謬への真摯な訂正。ある情報の別の側面からの見識。
それらは地味で、シロウトとの区別を明確にするには長い努力が必要だ。
だが、すでに聖域は侵された。もう残されてなんかいない。僕たちはイノセンスではない。
ジャーナリズムを職とする者は、その情報の質を上げることでしか生き残ってはいけないのだ。
食通にインスタント食品を出す店はつぶれるのは決まっているのだから。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.nomaddaemon.jp/2004/08/19/%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%ae%e7%b5%82%e7%84%89/trackback/
トラックバックの送信元リスト
マスメディアの終焉 - nomaddaemon より

ホーム > NW > マスメディアの終焉

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。