ホーム > Bike | 古い日記 > クレーン(1)

クレーン(1)

さて。
そろそろ心のキズが癒えてきたので書くことにする。
が、俺のガラスのハートは思春期の処女の中学生並みである。まずはオマイラそのへんをよくよく承知した上で慈悲の心を持ってこの先を読むがいい。
いや、やっぱ読むのはヤメレ。なんだかオマイラが「そんなこと気にせず頑張って!」とかコメントするところを想像したらムカムカしてきた。
人生、まじめにライダーをやってると、2度や3度はクレーンのお世話になるもんだ。
僕は、えーと、2回くらいかな。
…いやすまん3回だった。
「普通そうだよね?」と友達に聞いたら「そんなことあるわけねえよ」と笑われた。
「せいぜいレッカーだろ」と友達は続けた。
友達が言うには「サーキットでコケて、コーナーごとにコケてる連中のバイクをユニックで荷台に乗せてさ、泥だらけになったバイクと一緒に荷台に乗って、他のコケたヤツラと目を合わせないようにしながら運ばれてくって、これはなかなかのモンだぜ」ということだ。
「ドナドナドーナード~ナ~♪」
ああ、バカの友達っていいよね。
その日、俺は久しぶりにハヤブサ ターボを受け取った。
茶臼山でコケて、サイレンサーがモゲてしまったので、ナカミチさんに直してもらったのだ。
……


ついでにオサレざんすなブレーキングのウェーブディスクと、これみよがしなブレンボのキャリパー+ラジアルポンプのセットを奢ってやった。そらもうお好きな方にはたまらないボインボインのウハウハ仕様なのである。
(さらに前後オーリンズのサスペンション、マグタンのホイールを入れるとボインボインのプリプリのウハウハ)
hayabusaturbo126.jpg
待ちかねていた俺は、ハヤブサを持ってきたナカミチさんと挨拶するのもそこそこに、バイクにまたがった。
受け取った時間が遅かったため、あたりは暗くなり始めていた。
完璧な状況とはいかないが、まあいい、これからは毎日だって乗れる。
早速走り出した俺はとりあえず浜名バイパスに乗った。
まずはちゃんとターボが効くかどうか確かめる。
以前、ブーストがかかりだしてインテークマニホールド内が正圧になると、コンピュータが異常と処理してしまって燃料カットをしてしまったんだ。
日本人ならここにサブコンをかませて、マニホールド内の圧力が正圧以上に上がっても、大気圧以下に信号を偽装するようにするだろう。
ところがスエーデン人はバカなので負圧センサの前にワンウェイバルブをつけて大気に放出していた。なんちゅうヤッツケ。
それでもちゃんとブーストがかかってちゃんと走るってえのに、驚いた。
そのバカに倣い、ワンウェイバルブは上等なのをおごって、ステキにブーストがかかるようになったハヤブサはえらい勢いでカッ飛んだ。
だが、夕方の浜名バイパスは思ったよりも混んでいた。ろくすっぽスロットルがあけられない。
Zookm/hも出しているとすぐに前の車に追いついてしまう。走行車線を真っ直ぐ走っていてくれればいいんだが、速度が違いすぎてフラっと追い越し車線に出てくる車があったりして胆を冷やす。横風も強いし路面も荒れていて、けっこう振られてしまうため、ヨookm/hなんてとても出せたもんじゃない。
結局、一瞬ZSokm/hまで引っ張った程度で新居の料金所についてしまった。
まあ、ZSokm/hから「これからがエエとこなんでっせダンナ」とエンジンが吼えたのは、調子がいいってことだろう。
俺は新居の料金所を出ると、湖西方面に向かうことにした。
今日はチョイ乗りだ。暗くなってきたし慣れた道を走るのにこしたことは無い。
浜名湖一周のルートは、俺が若いときから毎日のように走ってきた道だ。
よく夜中にバカ友達と一緒に連れ立って走ったルートだ。溜まり場にしていた喫茶店が閉店するとそこのマスターとTさん、O君、N君と一緒に走った。
お互いの乗り方や得意なコーナーを熟知しているので、抜きつ抜かれつでムキになって走ったものだ。
工事中の道路に気づかずにえらい勢いで2台で交差点を曲がり、2台ともスリップダウンして相手のオカマを掘ったり。
フィアットX1-9とバトルして、ミッドシップの癖にコーナーをカニ走りするX1-9についていけず、GSX-Rが荒れた路面でシミーを起こしたのにビビってキンタマ縮んだり。
昼間に走れば景色の良い海岸線の観光道路なんだが、夜に走る俺たちは景色なんて見たことは無かった。
狭いうえに下りの逆バンクのヘアピンになってたり、轍のように道路がうねっていたり、削れたところに座布団みたいに簡易アスファルトが敷いてあったりする道なんだ。
俺たちは頼りないバイクのライトでセンターラインを照らしながら神経を使って路面を探って走った。
抜きつ抜かれつ、バカ友達と、あるいはたまに遭遇するゲストとカリカリになって走るのはほんとうに楽しかった。
久しぶりに走った浜名湖は、道がすっかり整備されていた。
道は広く、カーブは緩やかで、舗装も上質なのか、うねっているような所は見当たらない。
荒れた路面でバタバタ車体が暴れるのを股の間で遊ばせて、うねりに合わせて脱出していた得意のコーナーも無くなってしまっていた。
天気のいい日にのんびり景色を見ながらファミリーカーでドライブするような、のどかなコースになっていた。
こんなことを言うのはお門違いだが、山道っていうのはあんまり整備しすぎちゃ面白くないね。スキーのゲレンデも。
俺はのんびり走ることにした。
ギヤチェンジをろくすっぽせずに、低速トルクだけでドロドロ走る。
ターボラグもあるから、瞬時にアクセルのオン/オフをするようなスーパースポーツみたいな走りは得意じゃないが、速度を維持したままコーナーに飛び込んでトラクションをかけてやれば、そこそこ楽しめる。
山道とは言っても生活道路だ。ましてやブーストがかかってる状態で走るなんていくらなんでもそりゃ無理だwww
4~5000rpmを保ったままチンタラ走り続けた。
まあチンタラって言っても、ファミリーカーの速度ではないんだけども。
タイヤが鳴くほどブレーキかけたり、ハングオフしたり、ブーストがかかるほどアクセルあけたりはしていなかったということだ。
時々ネズミ捕りをやっている細江署近くの直線をアイドリング程度の回転数で通り過ぎ、館山寺方面へ右折する。
退屈な直線道路を進みながら、伊奈のヘアピンカーブをどう走るかぼんやり考えていた。
あ、と気づくと、道路は左にカーブしていた。
http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E137.38.47.059N34.46.59.830&ZM=9
俺は間に合わないと思った。
…だが見くびってもらっては困る。俺はこう見えても1秒間に10回のポンピングブレーキをする人間ABSである。そして思い出して欲しい。俺のバイクにはブレンボのレーシングキャリパーとうぇーb
どがしゃ
wwにwwwぎwwwりwwwゴwwケwwwwしwwたwww
左カーブにあわせて無意識に傾けたところでコケたバイクは左に倒れ、クランクケースからかステップからか、景気よく火花を上げながら放たれた矢のように直進していく。
受け身を取った俺が最初に考えたのは「もったいない」だった。
ヘルメットがもったいない、革ジャンがもったいない、そしてなにより俺のハヤブサ ターボが「もったいない」
チンタラ走っていたはずのバイクは、スピードを緩めることなく素晴らしい速度で何十メートルも滑っていく。
道は左にカーブしている。手前で止まってくれ。
そのカーブの先にあるのは
浜名湖だ。
俺はどうやら浜名湖の対岸の明かりを見て道路が続いているものと錯覚してしまったらしい。毎日のように走っていた道だったはずだが、その思い込みの分、油断したのだ。
さて。
日本の道路というものは実に良く出来ている。
それが証拠に、日々、道路は整備されている。荒れた道は補修され、日々進歩する舗装技術で快適な交通を提供されているのだ。
大抵の道にはガードレールがつき、道行く人の安全を守っている。
まことに日本の社会インフラは適切だ。
山道を整備しすぎると面白くないだとか妄言を吐くヤツはバカである。
国交省ばんざい。
俺のバイクはガードレールにがしゃんとぶつかって止まるはずだ。
しかし、そのカーブにはガードレールが無かった。
道路の先は海に突き出した突堤に続く船着場になっていた。
以前から書いているように
バイクには行っちゃいけない方向に走る、という法則がある。
本田宗一郎の発明だ。
俺のハヤブサは道路の切れ目で軽くぽんと跳ね
どぼんと海に落ちた。
俺は駆け寄って、船着場から海を覗き込んだ。
水深は1mもないだろう。海中に横たわったハヤブサは、しばらくライトがついたままだった。
俺は海岸に降り、キーをひねり、スイッチを切った。
関連エントリ:
クレーン(2)
クレーン(3)

コメント:17

しらいまさや 2008年9月29日

うはっ!!!!11111
エンジン水飲んだんすか?(Y/y)

pipi 2008年9月29日

潜水機能まで実装していたとわ!(爆)

てつや 2008年9月29日

>1秒間に10回のポンピングブレーキ
高橋名人を思い出しました・・・
今後が気になります。

匿名 2008年9月29日

国籍不明潜水艦の正体ハケーン!
護衛艦あなご出撃せよ!

nomad 2008年9月29日

wwおwwまwwえwwwらwww
Q:エンジン水飲んだんすか?
A:いいえ。
飲んだのは塩水です

名もなき教祖獣 2008年9月30日

>1秒間に10回
出た! nomad事務局長の1秒間に10回ポンピングブレーキだ!

pipi 2008年9月30日

>飲んだのは塩水です
 塩水でうがい・・・。風邪には効きそうだけど。

jinnki 2008年10月3日

お昼休みも終わりなので即興で。
明日があるさの替え歌
修理したてのハヤぶーで
いつもの道で試し乗り
もうすぐカーブ ポンピングブレーキ
あっっというまにニギリゴケ
そっちにいくな そっちにいくな そっちは浜名湖だ
路面を転がり目で追えば
コケたハヤぶーまっすぐに
すごい火花、もったいない
ああガードレールない
そっちにいくな そっちにいくな そっちは浜名湖だ
一瞬跳ねたハヤぶーは
下に消えてそれっきり
その音はもしや、その音はもしや
湖水に落ちた音?
おとしちゃった おとしちゃった 浜名湖に落とした
おそーるおそるのぞきむ
ハヤぶー水深1メーター
ライトついてる ライトついてる
だまって見てる僕
おとしちゃった おとしちゃった 浜名湖に落とした

nomad 2008年10月4日

「がんばって!」とか言われるとムカムカするけど
もっと俺をいたわれよ!!

佐藤@スケーター 2008年10月4日

写真、スズキミーティング in エコパで撮ってきたモノですかね??
現場のカーブはキツいですよね~。センターラインはみ出して来る車とか怖いです。道路は寸座付近が整備されて走りやすくなりましたなぁ。
さて、海に沈んだ隼のその後の運命が気になります(^^;

佐藤@スケーター 2008年10月4日

↑Win2k + Firefoxだとコメ登録できるのか….。
Mac OS X + Firefoxだとコメント登録できないみたいですね。

pipi 2008年10月6日

>海に沈んだ隼のその後の運命が・・・
 きっとまだそこに居て、夜な夜な若い生娘を
 浜名湖に誘い込んであんな事やこんな事を
 しているに違いない。
 そして、犠牲者が1000人に達したときに、
 自力で湖底から這い上がり、のまdに復讐を
 始めるんだよ、きっと。
 「にぎりごけしたのはきさまかぁ~」
 とか。(^^)

jinnki 2008年10月6日

>もっと俺をいたわれよ!!
尊敬しています。
自分が何か失敗しても、のまd兄は半べそで挫けていて1年以上も事実を隠蔽しても、清く正しく美しく立ち上がって生きているじゃないかぁ、こんなことでめげていてはのまd兄に合わせる顔がないっっ、と思うとホントに楽になります。ええ、そうです、たとえ車検が払えなくとも。

jinnki 2008年10月6日

替え歌の題名:
のまdは浜名湖に大変なものを落としていきました。

nomad 2008年10月6日

> 佐藤@スケーター
写真提供アリガト
こんなふうに使われるとは思ってなかったでしょww俺もだwww
> jinnki
ホントに大変なものを落としていきましたよ!
それは俺のココロですっ!!

匿名 2008年10月7日

>夜な夜な若い生娘を
       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
   |    ̄ ̄ ̄    |
    ・・・・・・・・ゴクリ。
….なんて裏山しi ゲフンゲフン

佐藤@スケーター 2008年10月7日

↑名前入れ忘れました;;;
AAもズレてるし….。
そ~いえば、10/26にスズキミーティング in 浜名湖 が開催だそうです。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.nomaddaemon.jp/2008/09/29/%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%b31/trackback/
トラックバックの送信元リスト
クレーン(1) - nomaddaemon より

ホーム > Bike | 古い日記 > クレーン(1)

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。