ホーム > 合気 | 日記 > 骨を折る

骨を折る

皆様明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年こそはハヤブサ ターボを復活させ、またやらんでもいいことをテンコ盛りに。
そして格闘技ではますます「オッサンどこいくのー」的にどうかしてることをと。
はい。思っております。

んで、正月早々タイトルが物騒でアレですけどな。
今年は下のコゾウのショータが受験でして、浜松には帰りませんでしてな。年末ショータはK-1 ダイナマイト!!を見ていたのですと。
まあ、俺なんぞはそういう野蛮な出し物はあんまり見ないのですけども。
とは言えオタクシンパシーがありますもので長島☆自演乙☆雄一郎は贔屓の選手だったりしますよ。
ショータはニコ厨なのでもちろん自演乙を応援してるんですが、俺が帰省から帰るとショータが狂喜乱舞しとるわけです。
自演乙が勝ったと。
おおそれは結構なことだと。俺も寿ぎまして誰に勝ったか聞きましたら「あのクソッタレの青木 真也だ」って言うわけです。
ほれ、オジサン、そういうのに疎いですからね、どんな人か聞いたら一昨年(2009年の大晦日)にK-1 ダイナマイト!!でやって相手の腕を折った人だって言うわけです。

そうか、彼が負けたか、いい選手なのに残念だな、って俺が言いましたら、コゾウはムキになって言うわけですよ。
……
「相手の腕を折って中指立てるようなヤツのどこがいいんだ、1Rは逃げてばっかで時間稼いで、自分が有利なルールになった途端にタックルして返り討ちにあって負けたんだよ。ホントいい気味だった」

いやあ、でもねえ。腕は折るよ。うん。アレ、極まっちゃってるもん。あそこまで極まっててタップされなかったら折るしかないじゃん。

って俺が言いますとねえ。
こう、なんちゅうか、親子の断絶という以上に「文化の断絶」を感じちゃいましたよ。

「大晦日にテレビ見てて骨折るとかどうかしてるよ!気分悪い。しかも中指立てて舌出すとかバカじゃねえの!スポーツマンの風上にも置けんよ!」

うーん。でも、スポーツマンじゃないしね。
スポーツマンだったら相手の選手の方がタップしなきゃいかんでしょ。極まっちゃってて逆転不可能な負け試合だったんだもん。
負けがわかってる試合で意地でタップしないとか、そりゃ逆に舐めてるって話じゃないの。
舐めてるって思ったから青木は中指立てたんだよね。

関節技が「極まる」っていうのは、一度上手な人にかけられてみればわかります。
力がかかっていない状態で、まだ痛くなくても「こりゃヤバい」ってわかりますよ。
青木がかけたのは合気道で言うところの三か条(合気会では三教)って技に似てるね。で、彼がすごいのは正対していながら相手の腕を取ってる。
相手の腕をとりながら細かい足技で相手の動きを封じてるのもすごいですけどね。絶対俺なんかできない。
腕を取りながら指先で相手の手首ひっくり返しちゃってるところなんか、よくもまあうまく持っていけるよなあと感心しきりですよ。
相手の手の甲が背中についてるんであそこまで絞れますが、背中につけずに伸ばしてたらもっと早く極まっちゃうんですけどもね。伸ばしたら逃げられる条件も増えるんで。
よく見るとひっくり返すときに伸ばしてますから、この時折れたんでしょうかね。

相手の腕を折るような修羅場をテレビで見せられたって言うのも変な話で、そもそも大晦日に格闘技見るって言うのも趣味がいいとは言えないし。
格闘技なんてモンをこれから新年を迎えようって言う家族団欒の時間に見てる方がアレだし、そういう見世物の中では骨こそ折れなくても、血が出たの失神したのなんてのは通常業務でしょ。
ましてや自演乙vs青木の試合じゃウンコ漏れたとかネタになってるとかバカじゃないの。
骨が折れたのは気分悪いけどウンコ漏れたのは気分いいってホントバカじゃないの。

てなことをコゾウに言いましたら「もういい!」って怒られちゃいましてな。
父ちゃんショボーン

親子の断絶。

悲しくなっちゃった父ちゃんは、せめて可愛かった子供時代を取り戻そうとスキンシップをすることにしました。
ほら、こうやって腕をとってひっくり返すだろ。んで膝で背中の真ん中押さえて動き殺して。
な、ここ。
手のひらって結構重要でこれが上に向いたまま肩の方にぐーっと。
あ、タップ。タップね。おーさすがスポーツマン。わが子よ。

…えーとそれ以来部屋の中閉じこもって出てきてくれないんですけど。
おーい

【追記】2011/1/4 22:04
大晦日にやるのは「K-1」じゃなくて「Dynamite!!」 (ダイナマイト!!)だそうですー

コメント:9

udon 2011年1月4日

お、お父さん!!!

娘さんはいないんでしたっけ。

komekome 2011年1月4日

明けましておめでとうございます。

うちの長女もニコ…♪(K-1は見ないけど仲間だわ)
たぶんニコ…はするより見るのが好きかと?
うちでは今年の年賀状、デザインして作ってくれましたよ。
助かっちゃった♪
ショータくん、受験がんばってくださいネ。

nomad 2011年1月5日

>udon
娘はいないよー。男ばっかりで汚いよー。女の子欲しかったんだけどネエ。
帰省したら姪っ子がいっぱい来てて華やかだった。
年に一回ああいうのを見るとカラダに毒だな。

>komekomeさん
ショータの受験が失敗したとしたら、これもきっとこういう理不尽な暴力が原因だと思うんですよ!僕はこんなすさんだ世の中を決して許すことができません。

鈴木 2011年1月8日

遅ればせながら・・・

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今年も武道にまい進ですかね?
息子さん、痛そーッ!つうかまだまだ負けられない?

でハヤブサターボ、楽しみにしていま~っす♪

nomad 2011年1月14日

> SUZUKI
息子の話はネタですww

武道にまい進って言っても、なかなか自分で整理がつかなくてもにょってます。
ハヤブサターボは割り切っててスッキリしてるんですけどねえ。

K100RS 2011年2月22日

もう何年も前、nomadoさんの隼ターボがまだ調整中で、インテークから負圧センサーにつながってるパイプに負圧が閉じ込められ、ECUが燃料をカットしてしまって思うように動かなくて、負圧経路にワンウェイバルブを入れるとかなんとかしてた時にここにバルブを入れて、ここはこうつないでとか(詳細は失念)コメントしたことのあるものです。
そのときどういう名前でエントリーしてのか忘れましたが、今後はK100RSでいきます。
あの頃も今のそうですが、K100に乗っていて、RB RacingのK100のページを見ては自分もTurbo自作したいなぁーーーと思って、Motorcycle Turbochargingなんて洋書を通販で買って読んでたりしたくちなので、nomadoさんのページは良く拝見させていただいてました。前置きが長くなりましたが、今日久しぶりに見にきたら、隼ターボ復活というようような文字が見れら、このページに飛んできました。もう1カ月以上前のblogにレスするのもなんですが、、、、
そもそもあの青木ってやな奴なんじゃないかって気もするんです。私は前の腕を折ったときの放送(その放送を見てたときは折れたんじゃなくて、肩がはずれたんだと思ってたんすが、あれ折れてたんですか?)を見てて、もう負けてて、しかも怪我した相手にあの態度はないよなぁって思いました。
そもそも、試合の前から遺恨があるもの同士だったようですが、そもそも遺恨が残る原因が青木の性格にあったんじゃないかって気がしてます。(面と向かって付き合ったこともないのに、テレビ見ただけでこんなこと言うのもなんですが)
で、その想像が正しいとしたら、そんなやつに「まいった」は言いたくないですよね。関節に致命的なダメージが残ることを考慮したら、プロの格闘家としてはタップするべきですが、やなやつにまいったは言いたくない。
という訳で、息子さんの気持ちに賛同する人もいたよ、という話題で親子のコミュニケ―ション増やしてください。 
もう1ヶ月半も前のことだから、とっくに仲なおりしてるか。。。。

nomad 2011年3月1日

K100RSさん、覚えていますよ!返事が遅くなってごめんなさい。
BMWは歴史的な経緯もあり、ターボキットも出てますから実現はできますよ。応援してます。

格闘技はどうしても文化の断絶が起きてしまいます。僕自身もこんな考え方をするようになるとは思っていませんでした。
多分、真剣にレースをしている人間のいけすかなさと似てるんじゃないですかね。
レースで遅いやつは真剣味が足らない舐めた奴で、人が良くても弁がたってもレースの文脈ではだらしがないとしか思われない、て文化があったりしますが。
この試合も実力差がありすぎたのが不幸だったと思います。
多分理解いただけないと思いますが、僕はいまだにタップをしなかった選手は試合という場、闘うという選択に対して不誠実で失礼だと思っています。

shigw@仙台 2012年4月9日

こんなこと言ってますが…

http://news.livedoor.com/article/detail/6448239/

まぁ、nomadさんがこの書き込みを見るのかが?

nomad 2012年5月16日

合気道韓国発祥説はいつもの「XXは韓国起源」というものです。
それをだれが言い始めたのかも実は明らかにされています。
ただ、韓国にわたった合気道はそれなりの技術もあり、個々人の能力では日本で学んでいる人よりも上回る場合も当然あります。
韓国の団体も日本に来て合同練習する場合もあるようですし、それを許容し、時には日本人がその団体に参加することもあるようです。

まあ、もにょもにょする気持ちはありますけども。
起源を言い出すのはバカげた言い分ですが、強い、弱いという面では個人の努力しだいなので見くびってはいけないなあと思いますです。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:1

この記事のトラックバック URL
http://www.nomaddaemon.jp/2011/01/04/%e9%aa%a8%e3%82%92%e6%8a%98%e3%82%8b/trackback/
トラックバックの送信元リスト
骨を折る - nomaddaemon より
pingback - 合気道 雄神会 稽古日記 - 骨を折る より 2011年2月13日

[…] nomaddaemonの方に「骨を折る」というエントリをしたのですが、合気道の技から見た「骨を折るということ」について考えてみましたよ。 […]

ホーム > 合気 | 日記 > 骨を折る

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。