ホーム > アーカイブ > 2008年1月16日のアーカイブ

2008年1月16日のアーカイブ

浜松市の職員はホームレスを見殺しにしたか?

  • 投稿者: nomad
  • 2008年1月16日 10:59 PM
  • 時事

もう退職したが、僕の親父は浜松市の職員だった。
同級生にも友人にも浜松市の職員がいる。
兄弟同然で育った従姉妹の旦那は浜松南消防署の救急隊員だ。

<野宿女性>浜松市役所に運ばれ死亡 「あと一歩」対応なく(毎日新聞) – Yahoo!ニュース
<野宿女性>浜松市役所に運ばれ死亡 「あと一歩」対応なく
1月16日2時31分配信 毎日新聞
 浜松市で昨年11月、空腹のホームレスの女性が市役所に運ばれ、福祉担当職員らが取り囲むなか心肺停止状態となり、翌日死亡した。敷地内の路上で寝かされ、市が与えた非常食も開封できないまま息絶えた。「すべきことはやった」と市は説明する。だが、なぜあと一歩踏み込めなかったのか。女性の死は重い問いを投げかけている。【井上英介】
 市によると、11月22日昼ごろ、以前から浜松駅周辺で野宿していた70歳の女性が駅地下街で弱っているのを警察官が見つけ、119番通報。救急隊は女性から「4日間食事していない。ご飯が食べたい」と聞き、病気の症状や外傷も見られないことから、中区社会福祉課のある市役所へ運んだ。
 女性は救急車から自力で降り、花壇に腰を下ろしたが、間もなくアスファルト上に身を横たえた。連絡を受けていた同課は、常備する非常用の乾燥米を渡した。食べるには袋を開け、熱湯を入れて20~30分、水では60~70分待つ必要がある。
 守衛が常時見守り、同課の職員や別の課の保健師らが様子を見に訪れた。市の高齢者施設への短期収容も検討されたが、担当課に難色を示され、対応方針を決めかねた。
 運ばれて1時間後、野宿者の支援団体のメンバーが偶然通りかかった。近寄って女性の体に触れ、呼び掛けたが、目を見開いたままほとんど無反応だったという。職員に119番通報を依頼したが、手遅れだった。メンバーは職員に頼まれ、救急搬送に付き添った。
 「職員が路上の女性を囲み、見下ろす異様な光景でした」とメンバーは振り返る。「保健師もいたのに私が来るまで誰も体に触れて容体を調べなかった。建物内に入れたり、せめて路上に毛布を敷く配慮もないのでしょうか」。女性に近寄った時、非常食は未開封のまま胸の上に置かれていたという。
 最初に病院ではなく市役所へ運んだことについて、市消防本部中消防署の青木紀一朗副署長は「業務規定に従って血圧や体温などを調べ、急患ではないと判断した。隊員によると女性は病院へ行きたくないそぶりを示した。搬送は純粋な行政サービスで、強制的に病院へ運ぶことはできない」と話す。
 市の一連の対応について、社会福祉部の野中敬専門官は「与えられた権限の範囲内ですべきことはやった。職員たちの目に衰弱している様子はなかった。容体急変は医師ではないので予想できない」と話す。
 死因は急性心不全だった。女性の死亡後、市民団体などから抗議された市は、内部調査を実施。中区社会福祉課の対応について「空腹を訴える女性に非常食を渡し、収容可能な福祉施設を検討した。2回目の救急車も要請した。職務逸脱や法的な義務を果たさなかった不作為は認められない」と結論付けた。

これを「浜松市の職員は見殺しにした」「人でなしだ」と言う人がいる。
世の中にはそういうことを言う人は多いし、そうやって気を紛らわすのだろうから、いちいち言って回ることはしないつもりだった。
だが、僕の友人知人も同じ趣旨のことをmixiで言ったりblogに書いているのを見た。
よく考えてみてくれ。
そういうあなたは、この婆さんを救えたのか。
救えたのか?
で、どうやったら救えたと思うんだ?
あなたの町にはホームレスはいるかい?
もしいるんなら、どんなふうに生活してるか知ってるかい?
その人たちが具合悪そうにしていないか気遣ってるかい?
俺が腹を立ててるのは、自分じゃ日頃、「不幸な人たち」に手を差し伸べたこともないくせに、こんな事件が起きると誰かを悪者に仕立てて溜飲を下げようとする連中がいることだ。
手を差し伸べるどころか考えたことさえなかったくせに、できもしないこと、やってもいないことを並べ立てる。
俺は東京に生活していて、うんとたくさんのホームレスを見る。
駅や公園で野宿してたりしてるのを見るよ。
こないだ浜松に帰省したら、10年前にはいなかった鍛治町の地下道に何人ものホームレスのダンボールハウスができていて異臭がしていたのには驚いた。
浜松の冬は寒い。
薄暗い雲が空を覆い、世界中を呪うようにごうごうどろどろと音を立てて強い風が吹く。
乾燥しきった空気は頬を切り耳を叩く。
その風を避けて地下道に逃れてきても、足元から這い上がってくる底冷えする寒さにダンボールがどれほどの役にたつだろう。
たぶん、もう何ヶ月もそうやって生活してるんだろう。地下道全体に異臭は染み付いているようだった。
それでも俺は、それを見ないようにしてわきを通り過ぎた。
あなたたちは、彼らに声をかけるのかい?
「寒くありませんか」「おなかは減っていませんか」って。
で、寒かったら毛布を、空腹だったら暖かい食事を彼らに与えるのかい?
今、あなたはそうやってるのかい?
浜松市の職員はそれをやるべきだって言うのかい?
で、彼らは浜松市民なの?
税金払ってるかとか浜松市内で働いてるかだとかは言わないよ。せめて住民登録してるの?
もし浜松市民でない人に、浜松市がサービス提供したら、他の市民に対して不公平なんじゃないの?
個人の気持ちでなんとかしろって言うの? なら、浜松市の職員じゃなくても良かったんじゃないの。
駅にはずいぶんたくさんの人がいたはずだ。市役所にはいくらでも浜松市民がいただろう。
職員だけに「個人の気持ちで」なんて要求するのはおかしいだろ。
そもそも、その現場を見てもいないのに、想像を膨らませたって何の意味があるんだろう。
第一、本当に見て見ぬふりをしていたんなら、ぞろぞろと何人も職員が集まってきたりはしないだろ。
何事かと心配して集まってきたとどうして思わないんだ? なんとか力になれないかと集まってきたものの、浜松市の行政サービスとして受け入れることができないから、どうしようもなかったんじゃないのかい。
たとえば浜松医療センターは俺が住んでた頃は一流の病院だったが、今じゃ患者が医療費を支払わずに逃げ出すもんだから、えらいこと赤字で税収を圧迫してる。踏み倒しができる病院として日本一有名らしいよ。ある意味とても福祉的な病院だ。皮肉だけどね。
そうこうしているうちに容態が急変したんだろ。
「支援団体のメンバーが偶然通りかかった」なんて、バカですか。
そんなの誰かが支援団体に相談したに決まってるじゃん。 なんとかしてやりたいと誰もが思ってたんだよ。
…そんなはずないって?
ああ、そうだな、俺もその場を見てないからな。
じゃあ、あなたはその場を見てそう言ってるのかい。
僕は浜松市の職員を非難した人を問い詰めたりするつもりはない。
でもさ、考えてみてくれよ。
そうやって浜松市の職員を悪者に仕立てて、何か解決できるのかって。
悪者に仕立て上げて非難したからって、それでホームレスの人たちを救えやしないんだよ。
たとえ今、倒れてる婆さんが食いつないだからって、何ヶ月かしたら、このままじゃ婆さんはやっぱり路上で死んだよ。
誰かを悪者に仕立てたら、そこでこのお話はオシマイなんだよ。
「悪いヤツはあいつだ!」と非難したら大抵の人は後のことは忘れてしまうんだ。
そうしてもとの生活に戻る。
地下道のホームレスを横目でチラリと見て「かわいそうな人ね」くらいは思うかもしれないが、彼らが同じ電車に乗ってきたら次の駅で別の車両に移動する生活に戻るんだ。
だからさ、ホントにこの婆さんがかわいそうだと思ったら、福祉の仕組みでなんかするようなシステムを提案してくれよ。税収の中でね。
でなきゃ、あなたが、慈善活動をうんとして、世間のみんなを啓蒙してくれよ。

ホーム > アーカイブ > 2008年1月16日のアーカイブ

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。