ホーム > アーカイブ > 2005年8月のアーカイブ

2005年8月のアーカイブ

電車男

  • 投稿者: nomad
  • 2005年8月26日 12:29 AM
  • こころ

以前のエントリで、

電車男が恋愛のために脱オタク化する物語だとしたら、それは俺は激しく否定するぞ。

と書いたが、今日の番組の中では主人公はオタクとして生きていくことを選んだみたいだ。
そういう自分を肯定することを選んだみたいだ。
友達はこの番組をかばっていたっけ。

クルマ

  • 投稿者: nomad
  • 2005年8月25日 12:01 AM
  • 技術

ウチのクルマはもう10年選手で、ずいぶん前から新しいクルマに替えたいと思っていろいろと考えていた。
考えていたって言ったって、俺のことだから大抵行き当たりばったりで、適当なことを放言しては周囲の人々の失笑を買ったり不安に陥れたり怒りを露わにしたり混乱を招いたり辟易したり涙を誘ったり感動の超大作だったり全米ナンバーワンだったりこのペンはあなたのものですか、いいえそれは私のものではありませんだったりした。
社会生活というものが苦手で社会に適応した(つまり家族が納得する)買い物ができないのだ。
俺が欲しいというものが、経済的条件にかけ離れていたり用途を考慮していなかったり(中略)その醤油をとってください。いいえ、目玉焼きにかけるのです。だったりするのだ。
例えば、家族が乗れて荷物が積めるクルマが欲しいとする。
ワンボックスは嫌いだ。操縦性が悪いし「走る」目的のものではない。
大型セダンというわけにはいかないとすると、SUVはどうか。高速走行は苦手だが悪路走破性という面で「走る」目的は満足できる。そうだ、SUVだ。
Yahoo! やgooで検索だ。
最初の釣り記事は高級SUVが載っているが…
何がポルシェカイエンだ。バカか。たわけか。
何が悲しうてポルシェのSUVを買うのだ。ポルシェ買うならカレラにせれドアホウ。こんなもん乗るならジープチェロキーの方が24倍偉いぞ。エスクードの方が128倍偉いぞ。ジムニーの方が1024=1M倍偉いぞ。あっそうかジムニーか。ジジジジムニー。ジムニートラック!
や。
ややや。いやまて、チョト待て。ああ危ないところだったジムニーは軽だ。いやジムニーを買うなら軽でなければならない。軽でなきゃジムニー買う意味が無い。だが軽は4人乗りだ。ジムニートラックは二人乗りだ。しかも幌仕様だ。かっこいいなあ。
や。そうじゃなく。ジムニーを買ったらまた奥さんに脇腹をアイロンで打ちのめされる。それはいかん。子供も泣く。しかしあれはウソ泣きではないか。いやしかし。
とにかくカイエンよりもジムニーの方が将来は明るく希望に満ち溢れ社会は安定し人々の尊敬を得ていずれは大統領に推され女子高生を中心にモテモテなマブダマであることは証明されたが惜しむらくは買えないのである。
では何だ。ハリアーか。バカ死ね潰した上にウンコ乗せちゃる。ハリアーは垂直離着陸するものだ。なんでカイエンと来てハリアーなのだ。なぜにそういう連想をする。そういう連想をするヤツはバカだ。死ね俺の脳。
カイエンハリアーとくればMクラスだと。なんだそのそのその腐れたイボイノシシみたいな。
本気でダメだな。本気と書いてマジと読むくらいダメだな。素でダメだな。エスクードにせれ。
世の中にはホモじゃないとダメとかスカトロじゃないとイカないとかそういうヘンタイさんは多いっちゅうが、こういうのを売ってるってこたあそういうのを買ってるのがいるわけで、やっぱりヘンタイさんはいるものだなあヘンタイさんよ。
Mクラス買うならゲレンデヴァーゲンだろうよ。うん。
まあ、このくらいになればな、まあ、そうだな、ランクルと比べてやってもいい。だがランクルvsゲレンデヴァーゲンって言えばコストパフォーマンスはランクルだわな。たかがトラックだしな。こんなもんに大枚はたいて汚れたらあわてて洗って顔が映るくらいワックスかけて。アホか。
働くクルマは働いてるからカッコイイんじゃねえか。
ランクルも中古で海外で働いてるからカッコイイ。窃盗団に大人気。
働くクルマのよさがわかるヤツがおらんっちゅうのはおじさん悲しい。わびしい。情けない。
働く男の後姿。哀愁。流れる汗。したたる汁。ちょっと薄くなったてっぺんに輝く後光。ハナゲに混じる白髪。腕を組み目を瞑り無念無想の境地。キーボードに落ちるよだれ。いびき。え?あ、部長。僕はいや、そんなヘンなサイトは見てません。ででで出会い系?やややや。そ。それわ。
くそう。オトナはわかってくれない。
この真摯に働く男のわずかな休息の時間を奪うなんて。
こんな時、俺が働くクルマなら。
そう、それは。おお。そうとも。それはウニモグ。UNIversal-MOtor-Gerate:UNIMOG
ウニモグの向かうところそこは荒野。そこは戦場。そこは開拓地。共に闘う我々の逞しき道具。
無骨ゆえに美を内包するのだ。
今のUNIMOGはなー。確かに便利に快適になってるけど、やっぱり逞しさから言えば先々代の406あたりが好みだなー。まだまだ使えるしなー。
406nato01.jpg
最終型なら78年あたりまであるし。これでダブルキャビン。
おおー。家族で乗れて。
完璧。
おーい奥さーん。クルマ決まったよー。
…んっがぐっぐ。
は、腹にアイロンが

航海の前に

  • 投稿者: nomad
  • 2005年8月22日 1:55 AM
  • NW

最近、弟のtakeshiが、自分でもblogを始めたいってことで相談に来た。
気軽に「おー、テケトーに無料サービス選んで勝手に始めろやー」と返事した。
えー。
このように真摯に誠実に対応する俺はやはり人々の尊敬を受けてやまないのだな。
まあ、男だしなあ。
自転車を買おうとする男に「自転車は乗れるのか」「車に気をつけろ」「転ぶと怪我をすることがある」「盗まれたらとても悲しいぞ」なんてアドバイスをするヤツはいない。
いないと思う。
いたらそんなヤツはバカだ。
…だんだん心配になってきた。
いや、そういういらんアドバイスをするヤツが世の中には往々にしているのかもしれんってことに。
もともと、blogに限らず、ネットに漕ぎ出ようってヤツは何を求めているのかしらんが、結果として言えるのは世界が広がるってことよ。
どんな目的であれ、何を期待しているのであれ、結果的にはそいつの世界は否応なしに広がっちゃうんだ。初めて自転車に乗れるようになったみたいにね。
自分の声が遠くまで届くようになり、コンテンツによっては評判を呼んで、あちらの方からわざわざ遠征に来たりな。
自分の言葉は拡大していき、賛同者が現れる。
友人も増えるだろう。
でもなあ、いいコトばっかりじゃあないんだよな……。

続きを読む

執着と愛

  • 投稿者: nomad
  • 2005年8月19日 11:22 PM
  • こころ

スターウォーズを見に行きました。
僕が四半世紀前、夢中になった映画ですが、残念ながら、今日見た映画はそれほどのものではなく。新しい映像も、目新しいドラマもない、ただ円環を閉じるための映画でしたね。
まあハリウッド映画なんだから仕方ないのかもしれないし、この映画に望まれているのはそういう芸術性なんかじゃないのかもしれないけどね。
せめて日本通のスピルバーグとして隠れたメッセージでもあれば、と思いましたが。
「典型的アメリカ人」的な「民主主義に忠誠を」なんてお為ごかしで紋切り型なセリフにむしろびっくりしたくらいで。
実はその裏に隠れたメッセージがあるカモー、なんて思ってるんで、見つけた人はご連絡を。
でー。
アナキン・スカイウォーカーは道ならぬ恋をして父親となり、予知夢で妻であるパドメが死ぬ未来を知り、パドメを失うまいと、悪魔の取引をするわけですが。
まぁ、そのへんの描き方が甘くて、イマイチ悪に堕ちる理由がしっくりこないんですがね。
愛する人を失うと人はヘンになっちゃうのだ、というのはわかります…
僕の従兄弟がそうですしね。
母親を亡くして以来、20年もかけて自分をゆっくり殺していったみたいなもんです。アル中でね。
先日、事故でだんなさんが亡くなった方のお盆にウチの奥さんが行きましたですが、やっぱりヘンだったと。妙なテンションで言葉が届かないような感じ、だったと言います。
なんていうですかねえ。
ゆっくり壊れていくようなもんなんでしょうかねえ。
いつか、治って欲しいですけどねえ。
しかし、失ってしまったものの代わりには僕はなれないんですよね。誰もなれないでしょう。
誰か、他人にできることは、ただ寄り添うしかないんでしょうね。
寄り添う誰かがいれば良いんですけどね。

久しぶりの練習

  • 投稿者: nomad
  • 2005年8月7日 5:06 PM
  • 合気

2ヶ月ぶりになりますが、行ってきました合気道の練習。
午前中に早起きして近所の医者に行きましてな。先生に「思ったよりも早いですが、まあヨシにしましょう」と言われまして、わたくしニヤリと笑って「じゃあまた悪さできますね」と。
先生苦笑いして「あんまり無茶せずにケガの無いように楽しんでください」ってなことで。
行ってきました。
んー。思ったよりも動く。
と思ったのは最初の3分でした。
みるみるうちに汗が玉のように噴出しまして、ぼーっとしてきます。
メガネを外して受けの練習をするころにはふと気づくと星がちかちかまたたいております。
フラフラどころか、何もかもワケワカな状態に。
気絶に近い状態といいますか。どこか打ったわけじゃないんですが。
ああ、ここまで体が動かず、それ以前に気力も萎えているとは思いませんでした。
えい、なにくそ、というような気がどっからも湧いてきませんで、えええ、もう、どうぞご勘弁を。的に腰が抜けるような感じでしたわー
これわ夏の暑さの一時的な症状に違いありません。いずれ2回3回とかよえばまたもとのかららにもろるとみょーんりtgg;lkkkkkkkkkkkkっかああいえrlk;。・・あs・ぐは

ホーム > アーカイブ > 2005年8月のアーカイブ

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。