ホーム > アーカイブ > 2014年7月のアーカイブ

2014年7月のアーカイブ

ついにECUの設定に着手… っておい

  • 投稿者: nomad
  • 2014年7月16日 11:21 PM
  • Bike

以前から燃圧が高くて燃料を噴きすぎで、10:1くらいの空燃比な俺のハヤブー。
燃圧を高くしておかないと、高回転まで回ったときに燃料が足らなくなるから仕方がないのだけども、低回転の時には全然濃すぎるわけだ。
現状ではあまりに濃すぎてチンタラ走ってるとかぶってしまうし、燃費はリッター5kmだアイゴー
こういうのを調整するにはインジェクションに指令を出しているECUを書きかえてやらなくちゃいけない。
燃圧が高い分だけ燃料の噴射時間を短くして調整するわけだ。
大抵のクルマやバイクはECUは固定されていて、外部から書き換えができないようになっているのだが、おめでたいことに我がハヤブーはPCと接続すればこの書き換えができちゃうのである。ハレルヤ。

だがPCに接続するっつってもECUとはUSBは全く規格が違うわけで、接続するインターフェースが必要だ。
世の中よくしたもので、こういうのを作っちゃう人たちが世界にはいらっしゃるワケデスヨー
早速俺はコアラ・カンガルー帝国に飛行機を飛ばしてお買い上げ。ソフトをインスコしてECUにコネクタを接続してPCのポートを設定してさあ書き換えだ!

と始めてはや幾年…

ECUに接続どころか、ウンともスンとも言わぬ…

いや、ウンスンくらいは言うのだバイクの方が。インターフェース接続してバイクのキーを回すとフンダカブコブコブコと怪しげなリレーと燃料ポンプの音がする。

あぶない。
これはあぶない。
これは何かピンアサインとかそういうのがどっか間違ってるのだ。
俺はマニュアルを片手につけたりはずしたりを繰り返し

ヘコタレタのである。

そしてこのたび、沼津の車屋「Factory23」に、コレを託すことにした。

たまたま俺が購入したECU editorという製品を沼津の車屋で導入し、GSX-R1000で好感触を得ているというのを見つけたのだ。
先日足を運んで話はつけてある。

近日中にすきっとさわやかオロナミンC 24時間戦えますかなハヤブーとして蘇る金狼の予定である。
チャンネルはそのまま!
果報は寝て待て!

ホーム > アーカイブ > 2014年7月のアーカイブ

検索
通りがかりに一言どうぞ
Twitter
カテゴリー
リスペクトリンクス

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。